サテライトオフィスを使って自由な働き方を推進する

テレワーク

最近、新しい働き方、新しい仕事のあり方において「サテライトオフィス」という言葉をよく聞くようになりました。時代にフィットする、今までにない自由な働き方のできる仕事場として注目されつつあります。日本では、総務省が「地域での新しい働き方や仕事を生み出す」として「おためしサテライトオフィス」というプロジェクトを進めています。一体サテライトオフィスとは何なのか、見ていきましょう。

サテライトオフィスとは?

サテライトは「衛星」という意味の英単語であり、「サテライトオフィス」とは、企業のメインオフィス(本拠地、本社)から物理的に離れた場所に設けられたオフィスのことを指します。オフィスとして機能するように、通信設備があり、仕事を行う環境が整えられていることが一般的です。

「支店」と「サテライトオフィス」の違いについては、支店が「業務」に重点が置かれているのに対し、サテライトオフィスは「働き方」に重点が置かれています。つまり、「サテライトオフィス」はワークライフバランスのなかで、「働く場所」として適しているかが重要視されているといえます。

サテライトオフィスの企業にとってのメリット

サテライトオフィスを設けることで生じる企業側の利点をいくつか挙げてみます。

あらゆるコスト削減

郊外型のサテライトオフィスはコストの大幅な削減が期待できます。一般的に都市部より、郊外のほうが平均的に賃料が安いため、なかなか削ることのできない固定費のひとつである賃料が下がります。また、これまで社員に支給していた都市部までの交通費も削減できるでしょう。

幅広い人員の確保

現代は、たくさんの人がさまざまな事情を抱えて働いており、企業もその多様性に合わせた変化が求められています。そんななかでサテライトオフィスの設置は、子育てや介護などで都市部への継続的な通勤が困難になった、優秀な社員を継続して雇用できる機会を提供することになるのです。通勤に時間を割く必要がなくなったことで、生活と仕事の両立が行えることもあります。家庭にいる時間が長くなることはワークライフバランスにも貢献するので、社員の仕事に対する満足度も上がるでしょう。

いざというときのバックアップ

オフィス機能が1か所に集中していないことで、サテライトオフィスに業務のバックアップ機能を持たせることができます。台風や地震といった自然災害だけでなく、事故などで交通機関が麻痺してしまったときに業務を止めなくても済む場合があります。現在はクラウドネットワークが発達しているため、本社でもサテライトオフィスでも同じように仕事を行うことは十分に可能です。

サテライトオフィスの社員にとってのメリット

では、社員(従業員)にとってサテライトオフィスにはどんなメリットがあるのでしょうか。

自分に合わせた生活ができる

子育てをしながら、または介護をしながら働くということは珍しいことではありません。そんな現代社会で自分の生活、環境、状況に合わせて「働く場所」に関して選択肢があるのは大きなメリットでしょう。通勤時間に生活が圧迫されることがなくなり、場合によっては、子育てや介護があっても勤務時間を減らすことなく働ける可能性もあるのです。また趣味やボランティア活動などに打ち込む時間も確保できます。

職業の幅が広がる

インターネットの発達により、本社と同様のことがサテライトオフィスできるため、都市部でしか得られなかった仕事を地方で行えるようになりました。仕事の幅が狭く、選択肢の少なかった地方でも、こうした環境が整ったことで多くのチャンスが生まれています。

自宅の賃料が下がる

オフィスの賃料が下がるなら、当然周辺に住む社員の自宅賃料も下がります。社員寮や社宅を企業が用意している場合でも同様です。月額固定の出費(支出)が減ることは大きなメリットになります。

企業にも社員にも幸せを招くサテライトオフィス

企業や社員以外にも「地方」への可能性を秘めているサテライトオフィス。「地方創生」に向けて注目されている働き方です。インターネットの発達により、社員同士、企業同士のコミュニケーションは容易になり、可能性はどんどん大きくなっています。

 

 

参考: